入会キャンペーン中のクレジットカードを選ぶとお得?選ぶ基準は?

世の中の不景気はまだまだ続きそうなので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。
日々の節約生活の中に是非取り入れて頂きたいのが、現金なしでも買い物できる1枚です。
支払い時にこれを使用するとポイントが貯まっていきます。
蓄積されたポイントで様々な商品と交換する事が出来ます。
ポイントを効率的に加算させるにはポイント返しの率が良いもの使用してなんでも支払いはその1枚で済ませるのがおすすめです。
不正利用されたクレジットカードの損害を保障する制度があり第三者に拾得され悪用された場合に名義人が受ける不利益を発行会社が弁済してくれます。
紛失や盗難などで手元にないことがわかったら、直ちに警察へ連絡して大至急、発行元にも連絡して利用停止にします。
通常、届け出を受理した日より60日数分さかのぼって不正使用について対応してくれますが、警察に届け出をしていない場合は補償の適用はされません。
ネット決済の場合は、番号や有効期限、名義を打ち込むだけで簡単に不正利用ができてしまいますので、特に注意が必要です。
ネット決済で悪用された場合、手元にカードはあるので発覚しにくいですが毎月の利用明細を確認していればわかるので、きちんとチェックすることが大切です。
クレジットカードは、現金不要で会計ができるだけでなく色々な特典が用意を利用することができます。
イオン、セブンカードなど流通系のものは毎月、「感謝デー」と称して系列店での買い物が5%オフになるなどのサービスがあります。
ETCカードを使えば、高速道路料金が割引されるだけではなく、クレジットカードのポイントも加算されるのでとてもお得です。
ところで、ETCカードを選ぶ時のポイントとしては、年会費が無料のカードが支持を集めています。
また、入会するといくらかのポイントがプレゼントされるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。
申し込み方法としては、クレジット会社のHPから申し込みをすることができます。
JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは海外や国内のホテルやレストラン、ショッピングで優遇が受けられます。
発行元が運営する会員向けのレクリエーション特典はカラオケやライブハウス、フィッシング、ボウリング、観劇や映画館などの各種レジャー施設の割引価格の利用があります。
更に、医療や健康面を重視しているカードもあり健康、ダイエット、漢方相談、メンタルヘルスなどの専門相談などのサービスをうけられるものもあります。

プラチナカード年会費を比較!安い方がお得?【割引特典あり?】